HOME > お知らせ > 青い空の郷では、「回想法」を実施しています。

青い空の郷では、「回想法」を実施しています。

2022年1月20日 10:55

回想法とは、認知症のリハビリテーションにも使われる手法のひとつです。昔の懐かしい写真や音楽などを用いて、昔の経験や思い出を語り合うことは、気持ちの安定性や脳の活性化にもつながります。高齢者に限らず、例えば、昔家族旅行に行った時の事や夏休みの思い出など人に語ることで、懐かしさを感じたり感情が満たされたりする経験をしたことのある方も多いと思います。認知症の方の特徴として、最近の記憶は忘れやすいですが、昔の記憶は保たれやすいため、昔の事を語ったり、人の話を聞いて刺激を受けたりすることで、脳が活性し、認知症の進行予防にもなると言われています。今後も楽しみながら認知機能の維持、向上が図れるようにご支援していきたいと思います。