HOME > スタッフブログ > 温泉の正しい浸かり方

温泉の正しい浸かり方

2015年2月3日 9:40
 温泉の正しい浸かり方って知ってご存知ですか。 
 温泉は、熱や泉質などの影響で知らない間に体力を消耗し、30分入浴すると1キロのジョギングをしたのと同じくらい体力を消耗するから、温泉に浸かるのは、1日に2~3回までが良いそうです。
 お湯に浸かる時間も湯温が40℃の場合は1日20~30分が目安のようで、40℃以上の場合は、1℃上がるごとに浸かる時間を5分ずつ減らすのが良いようです。 
 温泉宿に着いたら、まず温泉宿で用意しているお菓子を頂きましょう!それは、空腹状態で温泉に入ると低血糖を起こす可能性がありますので「少量のお菓子」を食べて少し血糖をあげる為のようです。
 また、温泉に浸かっている間、タオルを頭にのせている人を見かけますが、内風呂では入湯前にタオルを冷水で濡らして頭にのせると「のぼせ防止」の効果の為で、冬の露天では温かいタオルを頭にのせて「頭を冷える」のを防ぐ効果があるからのようです。 
 そして、湯当たり防止のためにはこまめにお湯から出ることも大切で、最初は3分、次は5分、最後は8分、という時間配分を忘れないようにしましょう! 
 温泉から上がったときの拭き方ですが、タオルでゴシゴシ拭くのではなく「叩くように」しましょう!これは、温泉成分が皮膚に残り湯冷めしにくくなるようです。 
 そして、湯上りに炭酸水やビールコップ1杯程度を飲むのが良いようで「胃のぜんどう運動」が活発になり消化機能が高まるのだそうです。 
 入浴の時間ですが、食後に入浴すると血液が皮膚の表面に集まるため胃の働きが弱まってしまうから、「食事の30分前」には済ませるのが良いようです。 
 最後に朝風呂についてですが、寝起きは脱水気味ですので水分補給して30分休憩してから入浴するのが良いようです。 
 温泉を利用する時には、正しい温泉の浸かり方で温泉を楽しんで下さいね。