HOME > スタッフブログ > 【研修報告】6月施設内研修「認知症ケアを抱える方のターミナルケアについて」

【研修報告】6月施設内研修「認知症ケアを抱える方のターミナルケアについて」

2015年2月1日 9:30
去る、6月19日(木)当施設のホールにて、ターミナルケアに関する研修を行いました。当日は、外部講師の加藤長年氏(株式会社 なごみ デイサービス あさんて)をお招きし、約1時間にわたってご講義いただきました。今回は、今年度初めてのオープン研修ということで、近隣の事業所にも呼びかけ、多数のご参加を頂きました。
 研修の内容は、加藤氏の臨床経験を中心にお話しいただきましたので、とても、実践的で分かりやすいお話でした。また、同時に「人が生きるということ、死ぬということ」という深いテーマが盛り込まれ、参加者全員が今のケアの在り方を再考する大変良い機会となりました。
講義を聞きながら
 「生老病死 の苦しみは 人をきらわぬ事なれば
               貴賤高下の隔てなく 貧富共にのがれなし」
 という一遍上人の言葉を思い出しました。「いつか、人は死ぬ」。生まれてから、歳を重ね、やがて来る“その時”を人としてどう迎えるかということは、認知症の方に限らず、私たち一人ひとりの事に引き寄せて考えるテーマだと思いました。加藤先生、ありがとうございました。
人材育成部長 中西誠司

2014.7.9.掲載
2014.7.22.更新
2014.8.06.更新
2014.10.23.更新
2014.12.1.更新
2015.2.1.更新