HOME > 若年性認知症サロンブログ > 平成29年7月の若年認知症サロン

平成29年7月の若年認知症サロン

2017年9月5日 11:34
 7月のサロンは11組17名の方にご参加頂きました。
まずは自己紹介でスタートです。「夏といえば」のテーマで昔の思い出などを織り交ぜながら一言ずつ話していただきました。昼食には「三色丼・もずく酢・コンソメスープ・きゅうりの漬物」を協力して作りました。昼食後には七夕飾りを作り、短冊に願い事を書いて頂きました。

 その後はいよいよ流しそうめんです。みなさんとても上手にそうめんをすくい食べておられましたが、時々思った様にすくえず、掴んだはずのそうめんがすべて流れていってしまう様子を見ては、みんなで大笑いしました。そうめんが流れ終わった頃にはプチトマトが流れてきます。プチトマトをうまく掴めた方にはお土産に持って帰ってもらいました。プチトマトに混ざって、個包装された飴も流れてきます。飴には時々番号が書かれており、番号付の飴をゲットした方には同じ番号が書かれたお菓子を持って帰っていただきました。
流しそうめんの後は「大人の本気の輪投げ大会」を行いました。遠い所から投げて入るとポイント2倍!というルールなのですが、ほとんどの方が2倍コースにチャレンジされ、うまく入らずこちらも大笑い!上位3人には青い空の郷の庭で採れた新鮮野菜のプレゼントがありました。
 7月のサロンは笑顔の多い会となりました。

作業療法士 中前弘子