HOME > 若年性認知症サロンブログ

若年性認知症サロンブログ

平成30年8月の若年認知症サロン

2018年8月14日 14:07
8月のサロンは、4日(土)に開催されました。当事者さま、家族さま合わせて31名の方が参加されました。この日のメインイベントは、料理活動でカレーライスとサラダを作りました。スタッフも合わせると40名分のカレーを作業分担して取りかかりました。じゃがいもは、デイケアの畑で収穫したものを使いました。山盛りの野菜も、皆さんがさくさくと切って下さり、50分ほどでカレーが完成しました。

カレーを食べた後は、夏の風物詩“流しそうめん”で、当事者さまにも手伝って頂きながら、部屋の中に設置しました。うまくすくえる方、下流でおこぼれを待つ方、とそうめんの争奪戦が始まりました(笑)流しそうめんの合間には、プチトマトも流しまた違う楽しみとなりました。

この日は、前回のサロンで当事者さまから意見を頂いた“創作活動”の希望にも応え、模造紙を2枚準備し、自由に描いてもらいました。はじめは、戸惑いや遠慮がちだった当事者さまも、スタッフが描き始めると参加して下さり、みるみる間に模造紙が絵でいっぱいになりました。その後も、夏ならではのイベントが続き、最後はスイカ割りとなりました。勘の良い当事者さまが一人目で割ってしまうというハプニングもありましたが、皆さん笑顔いっぱいの時間を過ごされました。
最近、参加人数も増えて、盛り上がりをみせるサロンですが来月も楽しみにしていてください!!

Y.A




平成30年6月の若年認知症サロン

2018年6月15日 9:00
平成30年6月のサロンは昼食にお弁当を食べた後、ご家族さまは情報交換会を行い当事者さまは散歩に行った後にお座敷バレー(ゴザに座ってバレーを行います)を楽しんで頂きました。

朝の挨拶のテーマが「はじめてした仕事やバイト」がテーマだったのですが、昔CAをしていたことやテーマパークで着ぐるみのバイトをしていた話など普段聞けない話を聞くことができました。家族情報交換会では、誤えん性肺炎や厚生年金・手帳についてなどご家族さま同士で情報を共有しあう時間になっていました。

散歩では中庭のゆすら梅をみなさんで食べました。おいしかったですね。

休憩した後のお座敷バレーはおおいに盛り上がり、笑顔が溢れていました。また、楽しい企画を皆さんといろいろと考えていきたいなと思います。

作業療法士 柏原香菜

平成30年4月の若年認知症サロン

2018年4月13日 9:00
新年度がスタートしましたね。4月のサロンは7日に開催されました。
今年の冬はとても寒かったので、例年で行くと7日は桜がきれいな見頃の予定・・・でしたが、一気に温かくなったので、あっという間に3月の下旬に桜が満開になりました。サロン開催の週の半ばまでは桜も満開だったのですが、雨風のため散ってしまいました。天気さえよければ、ピクニック気分で外でご飯を食べることもできたのですが、風が冷たく天候にも恵まれず、室内でいただきました。
寒かったのですが、せっかくなのでということで、散策に出かけた方と、ご家族様同士お話をされたその後は、スポーツチームとお団子作りチームに分かれての活動でした。スポーツチームは2階のホールでお座敷風船バレーを行いました。当事者の方だけではなく、ご家族さんも参加され3回戦まで行うほど大盛り上がりでした。
お団子作りは定番の豆腐入りの白玉団子。今回は参加者も多くたくさん作らなければいけなかったのですが、皆さんの手際の良さのおかげで、時間どおりに作ることができました。
天気と桜には恵まれませんでしたが、皆さんの笑顔が満開の4月のサロンでした。
来月は5月。ゴールデンウィークのため第2週の13日に開催予定です。
活動内容はお楽しみに・・・

大野

平成30年1月の若年認知症サロン

2018年1月15日 9:00
平成30年1月の若年認知症サロンは、12組20名さまにご参加いただきました。1月といえば、毎年恒例となっていますお餅つきです。毎年行っているせいか、スタッフも随分手際が良くなってきたように思います。2回に分けて「よいしょ!よいしょ!」の掛け声の中、やわらか~いお餅がつきあがりました。きなこ、あんこ、大根ポン酢などの味付けでおいしく頂きました。
昼食時や行事の合間にご家族さま同士で日頃の介護の悩みを打ち明けあったり、相談したりされていました。サロンの場が、たくさんのご家族さまや当事者さまを繋ぐ場であればいいな・・・と願っています。

中前弘子


平成29年12月の若年認知症サロン

2017年12月15日 9:00
今回のサロンは12月9日に16組のご参加がありました。
当日はいつものように朝の挨拶からスタートしました。
自己紹介のお話のテーマは「寒くなると行うこと、してみたいこと」でした。
それぞれに、しょうがを使用したり、温かいウォーマーを身につける等の体験談をお話しして下さいました。
午後からは、ご家族様は「情報交換会」、当事者様は活動をしました。     今回は初めての試みとして、1つは在宅で過ごされている方、2つめは入所をされている方、3つめはフリートークをされたい方とグループに分かれました。
これまでとは違い「少人数であったのでそれぞれに意見が出て話しやすかった」との感想をいただきました。

また当事者様は、お天気が良かったので全員で散歩に出かけました。皆さんと会話をしながらゆっくりと散策を楽しむことができました。
その後部屋にて、ストレッチをしながら体をほぐし心身ともにリラックスができるように動きました。

最後に来月は餅つきをしましょうと予定を決め、12月のサロンを無事に終えることができました。今後も皆様と相談しながら楽しめるようにしていきたいと思います。ご参加お待ちしています。

田窪

平成29年10月の若年認知症サロン

2017年10月10日 9:00
今回のサロンは10月7日に開催しました。
秋と言えば、皆さんはどのような秋をお過ごしでしょうか?
サロンでは食欲の秋ということで、毎年恒例のバーベキューをしました。
例年ではサロン当日は、よい天気の中で行っていたのですが今年は?
皆さんがそろって朝の挨拶。テーマは「おすすめのスイーツ、お菓子は?」のテーマで皆さんにお話しして頂きました。
その後はバーベキューの準備!女性陣を中心に材料を切ったり、おにぎりを握ったりとあっという間に準備は完了。しかし、雨が降り続き、男性陣はテントの下で炭に火をつける準備を開始しました。
当日のバーベキューをする時間には雨が上がると言う予報でしたが、結果は雨。
とはいえ、毎年恒例のバーベキューを開催すべく、テントを立てたり、材料の準備をみんなで協力しながら行いました。炭に火がつくまでには時間がかかりました。それでも男性陣が中心にうちわを片手に頑張ってくださいました。
その後はゆっくりとお話をしながら、バーベキューを楽しみ、食後にはおやつの焼き芋準備し、待っている間は、カラオケ会と卓球会でそれぞれの時間を楽しみました。
焼き芋は、、、スタッフが忘れていたのに家族さんがしっかり見ていてくださったおかげで、ホクホクの美味しい焼き芋ができました!!!
皆さん、ご参加ありがとうございました。

大野



平成29年9月の若年認知症サロン

2017年9月10日 9:00
秋の気配感じ始めた9月2日にサロンは開催されました。今回は総勢23名の方が参加されました。朝の会では、「わたしの夏休み」というテーマで今年の夏の思い出や子どもの頃の夏休みの思い出を自己紹介も交えながら話して頂きました。昼食はお弁当で談話もはずむ和やかな雰囲気の中、美味しく頂きました。午後からは、家族さまの情報交換会ということで家族様さまと当事者さまは分かれての活動となりました。家族さまは普段抱えておられる胸の内を相談されたり、話題は尽きないようで2時間では足りないご様子でした。当事者さまは、気候が良いので野鳥園まで散歩に行き、太陽の光をめいっぱい浴び、心地よい風に吹かれ、蚊にさされるといアクシデント付き(!?)のゆったりとした時間をすごされました。

部屋に戻ってからは、コーヒータイムの後、おやつにミニどら焼きを作りました。生地作りから始め、生クリームをひたすら混ぜて下さる方や皿を準備して下さる方、それぞれ分担に分かれ作業しました。みなさん手際良く30人分のどら焼きが完成し、とても美味しく頂きました。今回もあっと今に終わりの時間がやってきて、参加されたみなさまも充実した時間を過ごして頂けたのではないかと思われます。毎回スタッフも参加者の一員としてとても楽しい時間を過ごしています。次月は恒例の中庭バーベキューの予定で今から楽しみです♪

Y・A


平成29年8月の若年認知症サロン

2017年8月8日 10:34


今回は、大人の夏祭りを実施しました。昼食は夏に食べたくなるカレーを2種類作りました。(キーマカレーとポークカレー)どちらもとてもおいしかったです。大人の夏祭りでは、射的・トマトししとうすくい・キューリつり・輪投げ・コーヒー味のカキ氷・くじを実施しました。皆さん童心に戻られ、笑顔で楽しんでおられました。最後のスイカ割りは、「右!左!」というみなさんの助けのもと見事に割ることができました。とても盛り上がった大人がこどもに戻れる夏祭りだったように思います。

柏原香菜


平成29年7月の若年認知症サロン

2017年7月5日 11:34
 7月のサロンは11組17名の方にご参加頂きました。
まずは自己紹介でスタートです。「夏といえば」のテーマで昔の思い出などを織り交ぜながら一言ずつ話していただきました。昼食には「三色丼・もずく酢・コンソメスープ・きゅうりの漬物」を協力して作りました。昼食後には七夕飾りを作り、短冊に願い事を書いて頂きました。

 その後はいよいよ流しそうめんです。みなさんとても上手にそうめんをすくい食べておられましたが、時々思った様にすくえず、掴んだはずのそうめんがすべて流れていってしまう様子を見ては、みんなで大笑いしました。そうめんが流れ終わった頃にはプチトマトが流れてきます。プチトマトをうまく掴めた方にはお土産に持って帰ってもらいました。プチトマトに混ざって、個包装された飴も流れてきます。飴には時々番号が書かれており、番号付の飴をゲットした方には同じ番号が書かれたお菓子を持って帰っていただきました。
流しそうめんの後は「大人の本気の輪投げ大会」を行いました。遠い所から投げて入るとポイント2倍!というルールなのですが、ほとんどの方が2倍コースにチャレンジされ、うまく入らずこちらも大笑い!上位3人には青い空の郷の庭で採れた新鮮野菜のプレゼントがありました。
 7月のサロンは笑顔の多い会となりました。

作業療法士 中前弘子



平成29年6月の若年認知症サロン

2017年6月4日 13:46
 今回のサロンは6月3日に16組のご参加がありました。
 当日は午前中にご家族様は「地域包括ケアシステムと青い空の郷の役割」という内容で中西認知症サポートセンター所長によるお話がありました。当事者様はいつものように朝の挨拶からスタートしました。自己紹介のお話のテーマは1、何でも話したい事を言うフリートーク、2、○○が好きです、のどちらかを選んでいただきました。飼い犬が好きだ等、和やかな雰囲気の中で行われました。

 その後は地元で作られたお弁当の昼食を皆でいただきました。午後からは、ご家族様は「情報交換会」、当事者様は散歩に行ってからどら焼き作りをしました。

 情報交換会では、最初に午前にあったお話の感想から始まりました。認知症は軽度のうちから介入すると長く維持する事ができる、地域での啓発を行う事、予防体操が良い、重度になっても安心できるように生活できるようにしていきたい等がありました。また、支援センター等と連携しながら周囲の理解を得て他の人に助けてもらえるようにした方が良い事や、薬の副作用についての質問を医師に相談する場もありました。それぞれの体験に基づいた貴重なお言葉をいただきました。まだまだお話足りない様子でしたが、時間になりおやつに作ったどら焼きを美味しくいただいて終了となりました。
 
 最後に来月は「そうめん流しをしましょう」ということで6月のサロンも無事に終える事ができました。

 田窪



1 / 3123