青い空の郷について



医療法人 寿栄会 理念 - 愛の心で医療・福祉に奉仕を - 和の心で協力一致を - 励む心で創意工夫を
医療法人 寿栄会 理念
  • 愛の心で医療・福祉に奉仕を
  • 和の心で協力一致を
  • 励む心で創意工夫を

青い空の郷 基本理念

恵まれた自然環境のもと、病状安定期の認知症を有する方に対し、それぞれの方に応じたリハビリテーション、看護介護を中心としたケアを提供し、家庭的な雰囲気で、その方の自立を支援し、可能な限り家庭復帰を促進する。
地域との結びつきを強化し、地域の活動や人材育成に貢献する。
デイケアを通じ、在宅ケアの支援を行う。

青い空の郷 基本方針

  1. 利用者さまの尊厳を守り、利用者さま中心のケアを提供する。
  2. 安全安心とともに利用者さまの生活の質にも配慮した環境を提供する。
  3. 認知症ケアへの高い知識と技術を習得し、自己実現を推進する。
  4. 多職種の連携を深め、できる限り利用者さまの自立を支援する。
  5. 有馬高原病院・青い空の郷・愛寿園とともに地域に貢献する。
  6. 利用者さまご家族さまからのご意見を尊重し、守秘義務を守り、人権に配慮したケアを提供する。

施設概要

名称 医療法人 寿栄会 介護老人保健施設 青い空の郷
所在地 〒651-1512
兵庫県神戸市北区長尾町上津4663-3
TEL 078-986-3711
FAX 078-986-1122
建物 2階建 延べ面積 5,301.49平米
入所定員 100名
通所リハビリテーションの定員 20名
利用対象者 認知症疾患を有する方

平成26年度の事業計画

  1. 行動障害のある中等度以上の認知症高齢者対象の施設であることをさらに強化し、一人でも多くの対象者の方をお受け入れできるようつとめる。
  2. 「施設サービス、ケア内容の質の向上」認知症ケアを実践する上で、認知症レベル・ADLにおいても差異が生じているのが現状であり、利用者さまの状態に合わせた尊厳を考え、ケアに取り組んで行く必要がある。更に、ケアの質の向上を目指すためには、向上することを中心に考えるのではなく、PDCAサイクルを機能させ、今実践しているケアをもっと評価していけるようなケアの充実を目指す。
  3. 施設サービスの向上には職員一人一人の資質向上に取り組む必要がある。目標管理、個別面接の継続と職場内外研修の充実はもちろんのこと、経験年数や役職、個々にも目を向け、それに応じた研修、指導を見直し、全職員が成長しようとする環境をさらに充実させる。
  4. 地域に開かれた施設として、利用者さまは勿論のこと、地域すべての認知症の方々及びご家族様に対し、少しでもお役に立てるよう、以下について取り組む。・三田、北区の北神へのボランティア講師派遣の継続、また、三田市の認知症ケア研修への協力を通じ、地域へ貢献する。
  5. 若年認知症サロンの継続。
接遇について 当施設の接遇方針「全職員が全ての利用者さま・家族さま・事業者さま、そして全職員に評価される接遇技術を獲得すること」を達成できるように取り組んでいこうと考えています。

グループケアの取り組みについて

当施設は、兵庫県で唯一、全床認知症専門棟の施設です。
現在、1.2階共に、50名ずつのフロアーで、ワンフロアーを四ブロックに分け、 利用者さまとの馴染みの関係が持てる様に固定のスタッフとグループリーダーを配置して、 きめの細かいケアを実践する事を目的に、グループリーダーを中心とした、個別ケアに取り組んでおります。

グループケアを始めて

「一人の方とどれだけ向き合えることができるのか…」
グループケアを始めるに際して、この問いに対する答えを常に考え続けています。
現在、各テーマを持った四つのグループを設定し、各グループの取り組みも検討しながら進めている段階ですが、なかなか、グループとしての活動や、それを活かしたケアの実践につながっていないのが現状です。

今後、チームケアの重要性を考えながら、実践につなげるための一層の努力が必要だと思います。その中で、私達はグループケアを一括りのケアと勘違いしないことが大事だと考えています。つまり、たとえグループを設定したとは言え、利用者さまにはそれぞれの生活があり、 そのそれぞれの生活を支援していくのが私達のおこなうべきことだと思います。そして、「グループでの取り組み」「チームケア」これら全てが「一人の方と向き合う」ための手段であると考えられます。

私達主導の取り組みだけではその人らしさを保つことは難しく、その人らしさを保つには、その人をよく知る必要があります。そのためには、見て、聞いて、一緒に考える事が大切であると思います。
グループの意味は「全形を形どる一個、一人」となっています。
私達はその「一人」を見つめ、向き合ってこそのグループケアであることを理解して進めていきたいと考えます。

(介護福祉士)

グループでの現在までの動きについて

一階のフロアーでは、2007年5月1日からグループケアへの取り組みの第一歩として、ご利用者さまとのなじみの関係を踏まえ、4つのグループに分けました。この4グループにスタッフ(看護師1~2名、介護スタッフ3~4名)を チームとして配置した体制でのケアを本格的に始動させていただいております。

このことから利用者さま同士の関係が深まるだけでなく、ご利用者さまとスタッフの間においてもなじみの関係が生まれやすくなったと感じております。日々の寄り添う時間を通して理解を深めることで、お一人お一人の気持ちや思いに近づき、少しでも答えていくことができているのではないかと考えています。

当面の課題は、各チームのグループリーダーを中心として、チーム内での連絡や調整を図り、チームとしてのケアの機能を確立させることと現状におけるケアを見直し、いかに個別性を見いだして質を上げていくことができるかということが挙げられます。

まだまだ試行錯誤の日々が続いており、行き届かない部分が多々あるかとは思いますが、一歩ずつでもご利用者さまに喜んでいただけるケアが提供できればと考えております。
ご質問やご提案等がございましたら、ご遠慮なくスタッフまで声をかけていただくと共に、今後ともご支援下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

(介護福祉士)

施設のご案内

当施設では、ご利用者さまの安全確保の為、玄関を施錠させて頂いております。
施設内は、ご自由に過ごして頂けるようになっております。
施設は2F建てになっており、100床の構成となっております。

中庭

当施設では、ご利用者さまの安全確保の為、玄関を施錠させて頂いております。
施設内は、ご自由に過ごして頂けるようになっております。
施設は2F建てになっており、100床の構成となっております。
施設は中庭を挟む形をしております。
中庭には、花壇があり季節の花が咲いております。
ご利用者さまは中庭へ出かけることができます。
中庭では、「流しソーメン」等のイベントも開催されます。

施設内 廊下

食事の献立を掲示しております。
食事の時間も、朝8:00、昼12:00、夜6:00としておりますがご家庭で食事をとられていた時間と同じ時間帯で食事をして頂くこともできます。
食事の種類も、治療食、流動食、ソフト食を用意しており、利用者さまにあった食事をとって頂いております。
昼食にかぎりご家族さまもご利用者さまと一緒に同じメニューで食事していただくことができます。
共同トイレを2箇所用意しております。
また、個室にはトイレの付いた部屋も用意しております。
トイレは「便所」という表現をすることで、ご利用者さまに 場所を理解、認識していただき、ご自身で排泄できるようにしております。

施設内 部屋

個室、トイレと洗面が付いております。
ご希望された利用者さま、または高度障害、他の利用者さまとの生活が困難なかたにご利用頂いております。
洋室、ベッドを用意しております。
ベッドの間にはカーテンがあります。
部屋は質素に感じられますが、私物をお持ち込みいただくと壊れものでけがのおそれや、小物では口に含まれることもありますので お断りしている事情があります。
ご家族さまの写真等は、飾ることもできますのでご相談ください。
和室、布団を用意しております。
ベッドで転落のおそれのある方や、ベッドの高さに無理がある方にもご利用頂いております。
ご自身で布団を敷かれるかたもおり、自由にすごされております。
ご利用者さまに料理を楽しんで頂くことができます。
「何を作りましょう?」から始まり、最寄のショッピングセンターへ職員と買い物へ出かけ、材料を選んでいただきます。
調理のときも、ご利用者さまは包丁の扱いもじょうずにされ、味付けもしっかりとしたものができあがります。

施設内 浴室

お風呂には、手すり、階段、スロープがついております。
また入浴補助機もあり、座った状態、横になった状態での入浴が可能です。
また、お風呂の利用はご本人のペースにあわせて対応しており、お風呂の誘いも、決して無理にではなく、楽しんで入浴いただけるよう話かけを行っております。