HOME > 若年性認知症サロンブログ

若年性認知症サロンブログ

平成26年12月若年認知症サロン

2014年12月19日 8:16
12月のサロンは6日の土曜日に開催されました。
今年最後のサロンでもあり、「恒例となったお鍋大会をしよう!」
と言う事で四種類のお鍋(①トマト鍋 ②スンドゥブ鍋 ③豆乳鍋④寄せ鍋)を用意しました。それぞれのお鍋の味を楽しみながらの昼食会は話も弾み予定していた時間はアッと言う間に過ぎてしまいました。
その後はご本人様とご家族様にそれぞれ分かれて頂きご本人様には、写真立てのフレーム飾り、ギター演奏、メロンフロート作り等をして頂き、ご家族様には近況報告と情報交換を行って頂きました。
限られた時間での情報交換会はいつも時間が押してしまって、最後は慌ただしい終わりの会となってしまいましたが・・・今年も一年間ありがとうございました。 S.H

 

平成26年8月若年認知症サロン

2014年9月1日 16:27
今回のサロンは、見学の方と合わせて16名のご参加がありました。
 まずは、朝の挨拶から始まりました。
 今日の一言のテーマは「私のふる里自慢」でした。それぞれに、海の綺麗さや、食べ物自慢などを話されました。
 次は、昼食作りです。メニューは、グリーンカレー・夏野菜カレー・ノーマルカレーの三種類でした。どのカレーにしようかな?と迷いながら、とても美味しく頂きました。
 午後からは、本日のメインイベントである”ミニミニ夏祭り”の開催です。
 皆さんと協力しながら、屋台の準備や、段取りを決めました。屋台は、◎スーパーボールすくい、◎的当、◎輪投げです。併設の保育所からと、スタッフの子供たちを招待しました。
子供たちは、楽しそうにゲームをして、景品をもらって笑顔がいっぱいでした。
 最後に、ビンゴ大会をして、素敵な商品を全員が手にする事ができました。
 また、来年も子供達を交えての”夏祭り”ができたらな、と思いました。

平成26年7月若年認知症サロン

2014年7月14日 8:57
 7月5日(土)に若年認知症サロンを実施しました。当日は、雨が降ったり止んだりの一日だったので、いつものように外での運動の時間はとれませんでしたが、室内にて楽しく過ごしました。昼食にはロコモコ丼(ハンバーグに目玉焼きをのせたもの)を作りました。皆さん、作業の手際がよく、材料を切りミンチ肉をこねるまでは早かったのですが、23人前のハンバーグを焼く作業に時間がかかり、食べだすのが1時近くになってしまいました。しかし、ロコモコ丼の出来は上々で、ハンバーグの作り方をおさらいしながら美味しくいただきました。家でも作られる方がいるかもしれませんね!昼食後は、ちょっと変わった“流しそうめん”ならぬ、“流し野菜”をゲーム感覚で実施しました。そうめんの代わりにミニトマト、枝豆、飴玉などを流し、箸でキャッチするゲームです。これが意外に盛り上がり、器用に箸の向きを工夫して取る方、コップで取る方、素手で直接取る方など様々でしたが、笑い声が絶えず皆さん楽しんでいました。
 7月は、七夕の月ということで、季節感を味わうために、笹に願い事を書いた短冊やお菓子をくくり付けました。実は、“流し野菜“の際に、飴玉に番号を書いておき、笹に飾りつけたお菓子の番号に合わせて、お土産として持ち帰っていただくことを、サプライズで実施しました。参加者の皆さんからは、思わぬ演出に「二度楽しいな~」と喜びの声もいただきました。これからも、更なる企画を楽しみにしていてください。                  作業療法士 土橋光伸

 

平成26年度5月若年認知症サロン

2014年6月10日 16:42
新緑が美しい5月10日(土)に若年認知症サロンが開催され13名の方が参加されました。
近況報告では「思い出のお弁当」というテーマで、皆それぞれに子供時代のお弁当の一品についての話や親として子供に作ったお弁当の話をして下さり、楽しい雰囲気の中、サロンが始まりました。
当日は雨が心配されましたが、気候も良く予定していた中庭でピクニックをすることになり、おにぎりやオムレツ、唐揚げなどお弁当の準備に皆で一斉に取り掛りました。
青空の下、お弁当風ランチを食べた後は、歌声喫茶風うたの会を開き、70年代の曲を中心に歌いました。
参加されていた方が20~30歳代の頃の懐かしい曲が多く、ご夫婦で仲良く歌われたり、曲にまつわる思い出のエピソードも出てきて大変盛り上がりました。
又、終わりの会の中で、希望する活動として、参加されていた家族さまより「同じ病を持った方と交流し、友達を作りたい」と提案もあり、他の地域で行われている若年認知症の方との交流会も今後企画していきたいです。           (Y.A)

平成26年4月若年認知症サロン

2014年5月23日 16:49
4月のサロンは「お花見」。外の桜は満開だけど天気はイマイチ。外で食べれるか気になりながら、まずは近況報告と「春に食べたくなるもの」をテーマに皆様からお言葉を頂きました。色々な思い出話を交えながら春の食材が出揃いました。11時50分、外は晴れてきて暖かくなり桜の下での昼食が可能となりました。満開の桜を愛でて食べるお弁当は最高で会話も弾みました。食後は他の場所の桜を見に散策しました。「わ~♡きれい!」と
あちらこちらから歓声が揚がっていました。その後は施設に戻り、ソフトボールバレーやキャッチボールで体を動かし、その後白玉粉に豆腐を入れたみたらし団子作り等、盛り沢山な活動と共に、ご家族さまは情報交換も夫々されながら、4月のサロンは終了しました。
次回も沢山のご参加をお待ちしています。 S.H

平成26年2月若年認知症サロン

2014年3月23日 17:00
二月のサロンには、七組のご参加がありました。
昼食は「節分」にちなんで、韓国風巻き寿司キンパと細巻き寿司、赤だしのメニューでした。40本という巻き寿司を具がうまく中心になるように工夫しながら、皆さんでつくりました。今年の方角は、東北東ということで、一斉に向き、願いを込めながら頂きました。それぞれのテーブルで、会話も盛り上がりとても美味しかったです。食後は「体を動かしましょう」ということで、音楽に合わせてのミニエアロビクスでスタートしました。体をほぐしたところで、二つのチームに分かれての風船バレー大会です。面白いようにラリーが続き熱戦が繰り広げられました。そして、体を動かした後の呼吸を整えながらのストレッチと二人ペアになってのマッサージをしました。背中を中心に手で優しくなでると「気持ちがいい」という声があちらこちらから聞こえてきました。
最後に、美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」と「愛燦燦」をしっとりと皆さんで歌いました。「今日も楽しく過ごせました」という感想を頂き二月のサロンも無事に終えることができました。  T.A